unista〜大学生のための情報メディア〜 日々の学生生活を充実させる為の情報を発信中!!

【2019年最新版】メンズ大学生に人気の通学バッグお勧め10選

目次

はじめに

 

皆さん、もうすぐ新年度が始まりますね。

 

この春から大学生になる方や、

すでに大学生で通学用のバッグ・鞄を探している学生に向けて

 

5種類ある代表通学用バッグのそれぞれの説明、その選び方、

さらには今大人気の通学用バッグ10選をご紹介したいと思います。

 

こちらの記事を最後まで読めば、

 

普段のシチュエーションごとに合ったカバンの選び方や

最近の若者のトレンドをおされた人気カバン、

 

お金がない人におススメのお手軽カバンなど幅広くチェックすることができます。

 

通学用バッグの種類について

 

そもそも通学用のカバンの種類としては、どんなものがあるのでしょうか。

 

大まかに通学用のバッグを分けると、

・バックパック(リュックサック)
・トートバッグ
・ショルダーバッグ
・サコッシュ
・クラッチバッグ

の5種類に分けられます。

 

どの種類も、その用途や目的、シチュエーションに合った使い方があり、

自分が重視するポイントによっても大きく選び方が変わってきます。

 

それでは、それぞれのカバンの特徴や使い方、

さらに選ぶ際のポイントについて詳しく解説していきましょう。

 


どんな状況でもオールマイティに使える!バックパック(リュックサック)

バックパックは背中に担ぐ荷物袋(バッグ)のことを言います。

英語で「back pack」、ドイツ語で[ruck sack」とそれぞれ表記が違います。

 

日本で聞き馴染みがあるのはリュックサックの方ですよね。

 

ただ、日本ではバックパックの方が大きく、リュックサックの方が小さいものを指したりする傾向があります。

 

どちらも登山用や旅行用、軍事用、日常生活用まで多種多様なサイズや

それぞれの使用目的に合わせた形状のものまで幅広い種類があり、

 

荷物袋としての利便性はかなり優れています。

 


オシャレを楽しみつつ、収納にも便利!トートバッグ

引用先:https://smartlog.jp/41930

 

トートバッグとは、通常、持ち手が二つあり、多用途で用いられる手持ちカバンのことを言います。

 

名前の「tote」という言葉は、もともと、アメリカの俗語である「carry」(運ぶ)という言葉から由来しています。

トートバッグの最大の特徴として、無駄を極力削り、持ち運ぶことだけに特化したストイックな機能性があげられます。

 


オシャレ&動きやすさを意識するならショルダーバッグ

引用先:http://mensbrand.rash.jp/shoulderbag/

 

ショルダーバッグとは、その名の通り、肩にかけて持つバッグのことを言います。

 

ショルダーバッグの魅力としては、常にバッグを肩にかけているため、

荷物を取り出したい時にさっと中から取り出すことができることです。

 

近年では、そのオシャレなフォルムからショルダーバッグの中でも「ワンショルダー」というジャンルが流行っていますが、

財布などの小物を入れる用途がメインとなるため、通学用カバンとしてはやや不向きといえます。

 


オシャレ&荷物が少ないときに便利! サコッシュ

 

もともとは自転車のロードレースの際に食料などの補給食や水筒などを受け取るために使われていたものです。

 

しかし、最近ではファッションの一部として使う、

オシャレ用のものが販売されるようになり、人気を集めています。

 

 

 


機能性よりもスタイリッシュでオシャレ重視したいならクラッチバッグ!

クラッチバッグとは、肩ひもや持ち手がついていないハンドバッグのことを言い、セカンドバッグの別名でもあります。

アクセサリー的な要素が強く、もともと女性が使っていたものであったが、日本でも1990年代から男性も持つようになりました。

一時期は、「男性が持つのはダサい、野暮ったい」などと批判される風潮があり、ブームがすたれたこともありましたが、

近年になってまた人気を取り戻し、多くの一流ブランドがポーチサイズからA4サイズまで多様なクラッチバッグを販売するようになり、再ブームになっています。

 

 

 


大学生に人気のブランドとお勧めの商品10選

 

① PORTER(ポーター)

引用先:https://ec.line.me/

 

ポーターは、1962年に日本のカバンメーカー「吉田カバン」から発表されたブランド。

ブランド名の由来は鞄の運搬係の「PORTER」からきています。

 

ポーターの魅力は、

・シンプルなデザインからなるスタイリッシュな見た目

・製法が丁寧で頑丈に作られていること

・様々なコラボレーションをしていること

 

吉田カバンの技術力と、現代的なデザイン、機能性が生み出すバッグは登場以来変わらない人気を誇っており、

日本だけでなく、海外のセレクトショップなどでも販売されています。

 

そして、50代が持っても20代が持っても似合う、ポーターのシンプルなデザインは、

流行にも左右されず飽きることなく使い続けられるので人気を集めています。

 

また、ポーターは、コムデギャルソン等ハイブランドから、裏原宿系のブランド、建築デザイナーの片山正道等、

そのブランド力から多数のコラボレーションを実現していることでも有名です。

 

そして、吉田カバンのカバンは縫製が丁寧で頑丈な作りです。

そのため、現在では、ビジネスマンが一押しのブランドメーカーとなっていますね。

 

●ポーターでおススメの商品

①デイパック

 

 

男性が持っても、女性が持っても、落ち着いた雰囲気に見える、
無駄のない、スマートな印象な【スミクロ】の美しさが際立ったバッグ。

 

スミクロならではの淡いブラックカラーがデザインを引き立てています。
小物からビジネス、カジュアルと数多く揃う人気シリーズの商品です。

 

そして、シンプルなデザインの中、かぶせを開いた中のベルクロポケットなどが小物分けに便利です。

さらに、使い込むことで綿独特の当たりが出て、
エイジングの楽しみもプラスされるのもこの商品の魅力です。

 

口コミ

大学生男子(20歳・男性)

自転車通学用にA4サイズの教科書が入るカバンが欲しくて、一目ぼれでバイトでためた中で買いました。

自分にとっては、ちょっと値の張るものでしたがそれだけに高級感があって、とても気に入りました。


工藤(30歳・男性)

カバンの外にも中にもポケットが複数あるため、カバンの中を整理しやすいです。

大きさも普段使いにはちょうどいいです。また、PORTERのSMOKYらしい質感でデザイン性も抜群です。

 


Nagao:(22歳・男性)

大きさも丁度良く、形もきれいで、ポケットも機能性が高く便利で、とても気に入りました。

どんな服にも合わせやすい色合いです。

 

②ショルダーバッグ

 

 

藍(インディゴ)を用いて京都の藍染め屋で染めた素材を使用した人気モデル!

 

使い込まれたコットン生地特有の魅力的な素材感を出すために、

縫製後の仕上げとして、ストーンウォッシュ(製品洗い加工)を施したことで、新品ながらも何年も使い込んだような独特な風合いを実現しています。

 

そして、くたっとした柔らかい手触りが心地よいナチュラルなショルダーバッグは、

デイリーユースにちょうどよいサイズ感。スタイルやシーンの壁を越えて男女問わず幅広くラフに使えて便利です。

 

普段使いはもちろんのことショルダーを外してポーチとしても使え、背面のベルトループに通してウエストポーチとしても使えるのも嬉しい。

小さいながらもまさに1つで3役をこなす優れ物です。

 

口コミ

東京都:平田(20歳・女性)

長財布と携帯も入るのに、コンパクトで可愛いです。色も濃いネイビーで使ううちに味が出る感じです。


東京都:田中(21歳・男性)

ポケット代わりになる、手ごろな大きさのショルダーバッグ探してました。
印象は、ちょっと小さ過ぎたかと思いましたが、財布、携帯、鍵くらいしか持ち歩かないので、ぴったりサイズでした。

 


②GREGORY(グレゴリー)

 

引用先:https://www.gregory.jp/item?category_id=5

 

グレゴリーは今年創業40年目を迎えた、アメリカ発祥の登山用リュック(バックパック)などを扱うブランド。

 

「フィッティングが何よりも重要である」と考え、そのデザインは人間工学に基づき、快適な背負い心地、耐久性、機能性、そしてフィット感を常に追求しています。

 

今では「アウトドアブランドの王道」とも呼ばれていて、今もなお進化を続けています。

その特徴は、登山などに使える丈夫な素材と様々な状況下で使いやす利便性に機能的なデザイン、そして豊富なカラーバリエーションにあります。

 

ちなみに、グレゴリーといえば「デイパック」という商品が有名で、設立以来、長年愛され続けているモデルです。

 

名前の由来は「1日分の荷物にちょうどいい」からで、今では「デイパック」という名前は色々なメーカーで使われていますが、

グレゴリーのこのバッグが広めたとも言われているそう。

 

グレゴリーのおすすめの商品

①「ファインデイ」

 

 

ロングセラーのデイパックのDNAを引き継ぎながらも、少し小ぶりにシンプル設計されなおしたファインデイ。

スケールダウンすることで、武骨さが和らぎスタイリッシュに仕上がっています。

小柄な女性の背中にも収まりよく、活発な一日がよく似合う商品となっています。

 

口コミ

頼 (20歳・女性)
やっぱりグレゴリーはデザインが可愛い!

 


②「マルチデイ」

 

 

トートバックの使いやすさとデイパックの背負い心地の良さ、両方の要素をあわせもったのが、マルチデイです。

多少荷物の量が張ってしまっても、トップの巾着が膨らんで容量に合った大きさに対応します。

バックパックとしてだけでなく、トートバッグとしても使えるので、容量18リットルで普段使いに最適な商品です!

 

手持ち用のハンドルが付いているので、その日の気分に応じて持ち方を変えることができます。

また、トップ部分が巾着タイプになっているので、荷物の分量に応じてパック幅を調節することもできます。

荷物をたくさん詰め込んでも、パックのシルエットが崩れないこだわり設計が魅力の商品ですね。

 

口コミ

東京都:中尾(21歳・女性)

大変使いやすいデイパックです。


東京都:井坂(24歳・男性)

大きさと機能と、とても使いやすいです。気に入っています。

 


③ARC’TERYX(アークテリクス)

引用先:https://www.oshmans-online.jp/shop/e/earcteryx/

 

アークテリクスは、もっとも良いクライミングギアを設計する事について考え90年、カナダのバンクーバーにて設立されたブランドです。

アークテリクスは「地球上に存在する良質のマテリアルを使用する事」をもっとうとし、全てのプロダクトにハイテク素材や最先端な技術を使用しています。

トレードマークは始祖鳥の化石。

 

登山時の厳しい環境下でも耐えうる機能性は、職人による確かな技術によって可能となっています。

その一例として、商品に高機能防水透湿素材「ゴアテックス」を採用していること。水滴より細かい無数の穴がゴアテックスの生地に施されていて、この無数の穴が雨や雪から水の侵入を防ぎ、ウェア内の汗を素早く外気に逃がします。

またゴアテックスは防風性にも優れており、まさに登山における高機能素材といえます。

価格が他社と比較し高価格帯ですが、それには裏打ちされた理由があるのです。

 

また、アークテリクスのウェアやバッグはデザイン性も人気があり、

登山用からタウンユース向けの製品まで、シンプルでスタイリッシュな都市型のデザインが際立ちます。

バッグは登山用でないタウンユース向けのデザインの製品も発売されていて、シンプルなデザインでジーンズやスニーカーとコーディネートしやすいことも特徴です。

 

 

アークテリクスのおすすめ商品

①バックパック(アロー22)

 

 

タウンユースで絶大な人気を誇るアークテリクスのロングセラー、アロー22。

 

カジュアルビジネスにも合わせやすい、シンプルでスタイリッシュなデザインが

魅力の都市型リュックサックです。

 

機能面でいうと、本体は、防水加工のナイロン素材で作られており、

自社開発の防水ジッパーにより、風雨に対しても抜群の強さを発揮します。

また、背面部分には内側に緩やかなカーブを描いたプラスチックパネルが入っており、

背中にフィットするよう設計されている上に、体と接する部分にはクッションパネルが付いているため、

長時間の使用でも体にダメージを与えないのが嬉しいポイントです。

 

重心が上にくるよう底の部分が斜めに狭まったデザインもアウトドアメーカーならではといえます。

外側両サイドにはサブポケットが付いており、トレッキング時にはドリンクホルダーとしても活躍しますよ。

 

口コミ

東京都:菊池(23歳・男性)

とても背負い心地が良く、身体が痛くなったりしない機能性の良さが気に入っています。


東京都:金丸(22歳・男性)

文庫本が3冊、13インチMacBook Pro(ケース付き)、500mlのペットボトル、財布、手帳、パーカー、筆箱、ノート2冊くらいでしたら余裕で入ります。

 


④THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)

引用先:http://www.goldwin.co.jp/tnf/

 

ノースフェスは、1968年にアメリカのサンフランシスコでダグ・トンプキンス氏によって創設されたブランドです。

ブランド名である“The North Face”とは、「北壁」という意味があり、最も困難なルートを指す北壁に果敢に挑戦していくという、同ブランドのチャレンジ精神が込められています。

 

また、ロゴに入っている3本のカーブしているラインは、世界三大北壁(スイス・アイガー、マッターホルン、フランス・グランジョラス)を意味しているとのこと。

 

ザ・ノース・フェイスの特徴は、何と言っても機能性の高さ。

アウトドアに付きものである雨・雪・風・汗などの不快感を、ザ・ノース・フェイス独自の研究で開発された技術によって軽減することを可能にしています。

特にバッグは、相当長持ちするものばかりですので、多少高くても10年使う事を考えるとコストパフォーマンスは抜群といえます。

 

ザ・ノースフェイスのお勧め商品

①ショルダーバッグ

 

 

シンプルなデザインが映える、長さ調節らくらくのショルダーバッグです。

内部にハンギングポケットを配備しており、A4サイズの荷物も楽に収納できる大きさに仕上がっています。

生地もしっかりしていて、中が見えにくい作りになっているのも嬉しいポイント。

そして、長財布にタオル、ティッシュなどを入れても余裕がある設計なので、通学の際も利便性も抜群ですよ。

 

口コミ

東京都:多々納(24歳・女性)

サイズは意外と荷物が入ります。長財布、ハンドタオル、ポーチ大小2つ…あまり入れると布なので形が変わってしまいますが、横に並べて入るのでパンパンにならずに斜めがけできます。中はスマホサイズのポケット2つ、入り口にはスナップボタンがあります。


東京都:松本(24歳・女性)

シンプルでかわいい!!服にも合わせやすい!!!

 


②トートバッグ

 

 

国際有機農業運動連盟にも認められているオーガニックコットンを使用したことで有名なトートバッグです。

この商品の魅力は、手持ちでも肩掛けにも対応する2つのストラップを配し、サイドのボトルポケットや内部のハンギングポケットなど、

幅広い使い方ができるデザインに仕上がっていること!

生地がしっかりしている分、荷物が少なくてもへたることがなく、見た目がすごく良いです。

白地に白いノースのプリントが入っているのもお洒落です。

 

口コミ

東京都:助川(26歳・男性)

・細かいアイテムが、バッグの中でひと目でわかるので、こちらの商品大変お気に入りのプールバッグです。

取っ手が、2ウエイなのも便利です!!!


東京都:伴(24歳・男性)

・厚手の生地で、ちょっとやそっとじゃ破れ無いです。何度洗濯しても色落ちも全くせず、汚れたときは安心して洗濯できます。肩掛けのヒモは調節はできませんが、垂らして使うと少しオシャレに感じます。

 


⑤DIESEL(ディーゼル)

引用先:https://www.diesel.co.jp/

DIESELは、レンツォ・ロッソによって、1978年に創業されたトータルファッションブランドです。

太字で目立っている赤いロゴは、一見アメリカのような感じがしますが、実はイタリアのブランドというのもポイント。

 

DIESELといえば、シューズ、時計、アクセサリー、眼鏡など、様々な商品を取り扱っているイメージがありますよね。

特に、ジーパンや時計などが代表的です。

 

DIESELの客層は、10代後半〜30代前半くらいまでの若者が中心で、

基本的にストリート系のカジュアルなアイテムが多いのが特徴です。

 

ファッションに目覚めた、ストリート系に憧れる男性が、

最初に手を伸ばすブランドの代表格と言ったところでしょうか。

街行く若者ならDIESELの名前は誰でも知っています。

 

トートバッグなど、シンプルなデザインのものでも、

スタッズや付属の金具などにクールかつハードな要素が盛り込まれているので、

 

Tシャツにジーンズのような何気ないカジュアルなスタイルであっても、

DIESELのバッグをサラッとかつぐだけでオシャレ感が一気に上がりますよ。

 

 

ディーゼルのおすすめバッグ

サコッシュ

 

 

ちょうど良い大きさで、デイリーユースにおすすめの「ディーゼル」のミニショルダーバッグ。

無駄を省き、スポーティかつシンプルさを追求した仕上がりになっています。

 

フロントにデザインした切り込みデザインとブランドネームロゴが目を引くデザインが特徴。

また、開閉した時にチラッと見える鮮やかなブルーのライニングも魅力です。

街中でも、サイクリング・ウォーキングなど重たい荷物を持ちたくないときに最適のバッグです。

 

口コミ

東京都:佐向(23歳・男性)

見た目より沢山の物が入れられて、洋服に合わせやすく、とても気に入っています。


東京都:宮嶋(20歳・女性)

ちょっとした外出にぴったりですし、色も気に入ってます♪お値段もすごくお手頃で嬉しかったです。

 

 


⑥Patagonia(パタゴニア)

引用先:https://www.patagonia.jp/home/

 

「パタゴニア」は、最高の製品を作りながらも環境への影響を最低限にしたい、

という珍しい理念を持っているアウトドアブランドです。

そのため、環境に配慮したダウン製品や、デザイン性が高く使いやすいアイテムがたくさん揃っています。

 

パタゴニアのデザインといえば、シンプルで色合いも落ち着いたものが多く、ベーシックでありながら洗練されているのが特徴。

バッグもその意向が色濃く反映されており、アウトドア、旅行、タウンユースと様々なシーンに合わせたおしゃれなモデルが揃っています。

 

アウトドアで使える機能性を満たしながらも、ファッション性にも優れており、

さらには環境や人々の健康への配慮も怠らないという3ステップ揃った、人気ブランドですね。

 

パタゴニアのおススメバッグ

デイパック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Patagonia パタゴニア 49296 ブラックホールパック 25L Black Hole Pack ブラック
価格:13800円(税込、送料無料) (2019/2/9時点)

楽天で購入

 

 

 

パタゴニアのブラックホール・シリーズが誇る耐久性で

天候の変化の急場をしのぎながら中身を守る頑丈なデイパック。

 

日常の必需品を収納するのに適度なスペースを備えており、

 

アクセスしやすいメインコンパートメントは15インチまでの

ほとんどのラップトップ・コンピューターを収納できます。

 

さらに、上部のジッパー式ポケットは小物の収納に最適です。

 

口コミ

東京都:砂原(45歳・女性)

息子の通学用に購入。タフな所、まずまずの防水性、タウンユースでは何も問題無く使用しているようです。ポケットなども多く使いがってもよさそう。

重い教科書いっぱいの学生にはベストな選択肢です。


東京都:桐原(23歳・男性)

サイドポケットが付いて使いやすいです。毎日、傘やサーモスを入れて3ヶ月ほど使っていますが、伸びきってしまう気配はありません。
軽量なのにしっかりしているので、荷物いっぱいでも安心。背中が痛くなるようなこともありません。かといって、荷物が少ないときも型崩れしにくい生地です。

 


⑦masterpiece(マスターピース)

引用先:https://mspc-product.com/

 

ジャパンメイドの傑作品を、日本の職人たちによって生み出し続けているブランド「マスターピース」。

マスターピース(master-piece)とは、 【傑作や腕試しの作品】という意味がこめられています。

 

格好良いだけではなく、使い勝手の良い機能性、ずっと長く愛用できる耐久性、

どれも兼ね備えている万能バッグを生み出しています。

 

デザインとしては、個性的でありながら派手すぎない絶妙な バランスで、

派手すぎず控えめすぎない素材も魅力的。

 

品質の良さには自信を持っており、マスターピースで働く職人が「うちほど凝って作っているブランドはなかなか無い」と言うほど。

細部にまでこだわりをもち、物の本質が分かる人に大人気のブランドです。

 

マスターピースのおススメ商品

デイパック

 

 

マスターピース独自の高機能素材を採用されていて、様々なギミックを搭載した高機能モデル。

 

長時間の使用を想定して作られているため、肩への負担が少ない工夫がされており、

重い荷物を入れてもストレスフリーなのが魅力!

 

更に良い素材で作られているので、触り心地がとても滑らかな仕上がり。

使えば使うほどに、体に馴染んでフィットしてきます。

 

また、大容量のメインルームには上部と側面の2箇所からお荷物の出し入れが出来る便利な仕様になっていて、

内装にはノートパソコンやタブレット端末の収納に便利な『パッド付きポケット』を搭載し、大事な機器を安全に持ち運べます。

 

口コミ

東京都:岡本(24歳・男性)

シンプルなのにビジネスリュックの中ではすごく格好良いと思います。


東京都:鹿塚(22歳・男性)

ポケットが多く、PC入れもあり使い勝手も良さそうです。写真のPCは12インチです。

紺色も迷いましたが多少カジュアル向きな感じがしたので無難に黒を選びました。

 


⑧MYSTERY RANCH(ミステリーランチ)

引用先:https://www.mysteryranch.jp/

 

Mystery Ranch(ミステリーランチ)は『機能性』『背負い心地』『品質』そして『耐久性』を備えている伝統ブランド。

 

2000年からミリタリー、ハンター、森林消防隊、登山家の為に過酷な現場で、

本当に使える職人手製のバックパックと荷物運搬システムを作り続けています。

 

ミステリーランチのリュックといえば、その使い勝手の良さが特徴的です。

開口部が広くなり、物を素早く出し入れしやすいミステリーランチ独自のジップで使いやすさ抜群。

 

また、個々に合わせてフィットするような作りとなっているため、過酷な環境下に対応します。

 

さらに、ミステリーランチのこだわりは保証に表れており全製品で材質及び製造上の欠陥に関して生涯保証が約束されているため、

安心して愛用できるブランドです。

 

ミステリーランチのおすすめ商品

デイパック

 

 

米軍特殊部隊にも採用されるこのミステリーランチが誇る、

ユーザー目線を考え、最高の品質基準で生み出したバックパック。

 

特に、フロントにあるY字型の3ジップが目を惹く人気モデルです。

開口部が大きいので内部の隅々までアクセス可能で、内部には複数ポケットがあり、収納機能も抜群です。

 

米軍使用なので背負い心地が良く、無駄のないカッコよさがクセになるバッグです。

 

口コミ

東京都:塚原(22歳・男性)
生地は丈夫そうで、防水。型崩れがないように板のようなものが入っているのに、とても軽かったです。

メッシュの入っているところもあって、通気性が良さそうです。


東京都:柏原(20歳・男性)

タウンユースにした時に中のものを取り出す際にファスナーをよっこいしょズズズーって開けるのが多少めんどうですかね。

 


⑨ManhattanPortage(マンハッタンポッテージ)

引用先:https://www.manhattanportage.co.jp/

 

マンハッタンポーテージは、アメリカ・ニューヨークに本社を置くバッグブランド。

 

日本でも人気があるバッグブランドのひとつで、

その特徴的な赤いロゴマークの付いたリュックを街で見かけたことがある人も多いと思います。

 

マンハッタンポーテージのバッグといえば、シンプルで機能的かつ丈夫な生地を使用したアイテムが多いのことが魅力。

通勤通学や普段使いはもちろん、週末のアウトドアなどでも活躍するメッセンジャーバッグ・リュック類が充実しています。

 

また、メンズ・レディース、どちらも使えるユニセックスデザインのものが多いのも特徴的。

シンプルで機能的なリュックなので誰もが使いやすいのも大きいポイントですね。

 

レコードを持ち歩くDJから、携帯を片手に多忙なビジネスマン、ノートや教科書を持ち運ぶ学生など、

色々な人に合ったスタイルのバッグが揃っています。

 

マンハッタンポーテージのおススメバッグ

トートバッグ

 

 

マンハッタンポーテージが誇る、縫製が丁寧で耐久性に優れたナイロン製のトートバッグです。

 

全面には機能を兼ね備えた計6箇所のポケットがあり、セキュリティが高い”ジップ式”を採用。

さらに、型崩れを防ぎ、 且つ防水に優れたPVCをボトムの内装に導入し、17インチのノートPCサイズも収納可能と、

 

日常使いには申し分のない機能を持ち、使い勝手最高のバッグに仕上がっています。

 

また、3カラーで、 着用シーンやニーズに応じ選択出来る幅広いラインアップがあります。

 

口コミ

東京都:荻(21歳・女性)

自転車のカゴにいれて通勤に使うので、雨に強いナイロン製で、口がファスナーになっていて、

縦型のトートという条件で探していたのですが、なかなか見つからず、やっとここで見つけました。


東京都:栗原(22歳・男性)

容量なのに本当に軽い。通学用で購入しましたが、大正解でした。

特にポケットが多くて使い勝手が最高です。新書や長財布がぴったり入られて気持ちいいです。

 


⑩Nixson(ニクソン)

引用先:https://www.yts-store.com/

ニクソンはアメリカに本拠を置く腕時計メーカーで、

3Sスポーツ(サーフ、スケート、スノー)をする人たちのための製品づくりをしているブランドです。

 

ニクソンのバックパックといえば、シンプルで都会的なデザインのものが多く、どんなコーデにも合わせやすいのが特徴です。

また、カラーバリエーションが非常に豊富で、おしゃれなフォルムやデザインでファッションと合わせやすいのも嬉しいですね。

 

機能的にも、雪の中や雨の中でも使用できる防水加工の施されたものや、

スケートボードを持ち運べるものなど様々なモデルがラインナップされています。

 

さらに、PCスリーブやイヤホンコードを通す穴等、都会でのライフスタイルに合った機能性も充実。

 

無駄な装飾のないスタイリッシュなデザイン+耐久性にも優れた生地、

しかも大半のモデルが1万円前後で手に入ってしまうというコスパの良さもあり、男性から大人気のブランドです。

 

ニクソンのおすすめバッグ

デイパック

 

 

スタイリッシュなデザインと上品なブラックが人気のバックパックです。

見た目の通り、カッコよさは申し分ないのですが、さらに機能性も抜群です。

 

上部のポケットには、メディアポートがついているので、

メディアプレーヤーの使用もスムーズに!

 

そして、バックパック前面と底面には、PUコーティングされたリップストップ素材を採用し、

高い耐久性とやわらかさを両立しています。

 

ショルダートラップは幅が広いうえにクッション性もあるので、肩への負担が少ないのも魅力的。

控えめなツヤ感で、大人らしい仕上がりのデイパックです。

 

口コミ

東京都:河野(20歳・男性)

防水を売りにしていて、表皮、ファスナーなど、見た目からしても防水性をアピールしています。

大きさからすると容量はやや控えめですね・・・あと、PCのクッションも薄めなので
PCメインにしたい方は気をつけてください。通勤に使うと若々しさが演出できて良いです。


東京都:杉村(24歳・男性)

防水性能の高さは、ゲリラ豪雨などイザというときに、とても安心感があります。
シンプルな黒で、渋いデザインも気に入っています。

 

 


終わりに

 

いかがでしたか?

 

通学用バッグといっても様々なタイプのバッグがあり、

それぞれの長所や特徴があることがわかったかと思います。

 

さらに、メンズバッグの中でも代表的なブランドもたくさんあり、

どのブランドもデザインや機能性、耐久性にこだわりを持っているため、

 

その中から、自分のお気に入りを見つけ出すのもなかなか迷い甲斐がありますよね。

意外と大変かもしれません。

 

もし、どのバッグにしようか決めることができなかったら、

筆者のおすすめのバッグもこのページで多数紹介してありますので、

 

よければそちらから選んでみてください!

 

ぜひ、自分に合った通学バッグを見つけ出して、

毎日の通学をエンジョイしていきましょう!