unista〜大学生のための情報メディア〜 日々の学生生活を充実させる為の情報を発信中!!

学生や初心者向けに仮想通貨についてシンプルに解説してみた

はじめに

 

数年前から何かと耳にすることが多くなった仮想通貨

投資に興味がある人は、友達や家族との会話で話題にのぼることもあるでしょう。

 

でも実際問題、仮想通貨について漠然としか知らず、

いまいち実態を理解できていない大学生は多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、そんな人でもすっきり理解できるように仮想通貨について簡単に解説します。

 

「仮想通貨ってどんなものなの?」

「デジタルの世界だけの話じゃないの?」

 

と思っている人も、これを見て仮想通貨に対する疑問を解消してしまいましょう。

 

そもそも仮想通貨とは?

 

仮想通貨とは簡単に言うとインターネット上でやり取りできる電子的な通貨のことで

「暗号通貨」とも呼ばれています。

 

つまり、お札や硬貨のように物として存在していないのです。

※日常で使っている円などの通貨のことを法定通貨と呼びます。

 

デジタルで使うような通貨というと、suicaなどの電子マネーを連想してしまいがちです。

 

しかし、仮想通貨はそれらとは違い、インターネット上に取引所が存在していて、

円やドルと交換できることが最大の特徴です。

 

そしてもう一つ。重要なこととして、この仮想通貨では、管理者が存在していません。

 

どういうことかというと、

法定通貨では中央銀行が紙幣や貨幣を発行・管理することによってそのお金の価値を保っています。

 

しかし、仮想通貨にはそのような中央管理者が存在しないのです。

それでは、どのようにして仮想通貨は通貨としての価値を保っているのでしょうか。

 

それが、この技術。

 

「ブロックチェーン」。

 

これはいったい何かというと、データをチェーンのようにつなげて誰でも閲覧できるようにすることで

それがお互いに監視させることを可能にしています。

 

この技術は仮想通貨の根幹を支えており、

 

全取引データを全員で共有するので、

一部でデータが紛失したとしてもすぐに復活できるシステムになっているのです。

 

この技術に対する信頼のおかげで、

仮想通貨が通貨としての価値を保つことができるというわけです。

 

仮想通貨のメリット

 

①海外への送金手数料が安い

 

 

仮想通貨はインターネット上に存在する通貨ですから、国境などは当然ありません。

 

つまり、世界のどこにいても使うことができるので、

送金したい場所がたとえ海外であったとしても気にする必要がありません。

 

また、24時間365日いつでも送金することが可能であることも大きな強みといえます。

 

というのも、これまでは海外送金を行おうとすると手続きが複雑であるため、

送金手数料が高くかかってしまっていました。

 

しかし、仮想通貨であればその手間も解消され、

法定通貨よりも簡単に安く送金することができるのです。

 

つまり、時間や場所にとらわれることなく、割安で送金できるというわけです

 

②金融政策に左右されない

 

 

仮想通貨には中央管理者が存在しないと先ほど解説しました。

 

そして、ビットコインのような仮想通貨は埋蔵量(もとからの量)が決まっているので、

流通量が一気に増えてインフレが起きることによる、通貨自体の価値の減少が起こらないのです。

 

わかりやすく説明すると、、

現在、日本政府がアベノミクスの一環としてインフレを起こそうとする金融政策を行っていますよね。

 

そのような政府や中央銀行の金融政策によって、

通貨の発行量を左右されることが仮想通貨にはないということです。

 

さらに、世界各国と貿易をした際には、円やドルなどの為替レートの影響で、

輸出が有利・不利になったりという現象がよく起きます。

 

そして、一方の国が大幅な貿易黒字になったり、もう一方の国は大幅な赤字になったりします。

 

そこで政府や中央銀行は意図的に通貨発行量を増やすことによって、

自国の為替レートを有利に働かせようとするわけです。

 

そのような不平等が仮想通貨では起こることがないのです。

 

これはとてもありがたいことですよね。政府によって発行量を左右されることがなくなれば、

値上がりや値下がりなどの価格変動による不確定要素を減らすことができるのですから。

 

仮想通貨のデメリット

 

①ハッキングの危険性がある

 

仮想通貨には保管する場所として「ウォレット」というものがあります。

 

取引所が、このウォレットを提供している場合が多いですが、

もしこの取引所のコンピューターがハッキングの被害を受けると、

 

そこで管理してあった通貨が盗まれてしまう可能性があるのです。

 

これは、セキュリティー対策がしっかりと行われていなかったり、

そこまで信頼性の高くない取引所で取引をすることによって起こる可能性が高くなります。

 

そして、仮想通貨はクレジットカードとは違い、損害補償などがなく、自己責任となってしまいます。

 

いくら技術が発達していたり、信頼性のあるものを利用したとしても、

犯罪にあわないという保障はどこにもないので

 

セキュリティー対策はきちんとやっておくべきでしょう。

 

②価格変動が激しい

おそらく仮想通貨について少しでも見識がある大学生なら、

仮想通貨が急騰しているというニュースを見た人も多いかと思います。

 

仮想通貨自体はまだまだ新しい通貨であるため、

本来の利用価値が一般の人々にはまだ浸透しておらず、なんとなく儲かりそうという理由で買っている人は多いです。

 

そのため、仮想通貨が今が儲かるチャンスだと聞けば、

多くの人が一斉に買い始め、危ないと聞けば一斉に手放すといった状況になるわけです。

 

これが、短期でも長期だとしてもいまだに価格変動が大きい一番の要因です。

 

また、株式市場のようにストップ高やストップ安という仕組みがないこともリスクがあります。

1日の間でこれ以上変動しないようにしておこうというシステムをとることができないためです。

 

仮想通貨は、中央管理者もいないので、単純に需給関係によって価格が決まるようになっています。

その結果、誰もが想像しなかったような価格の乱高下をもたらしてしまうというわけです。

 

日にちが変わって、ふと確認してみると、

いつのまにか価格が大幅に下落していたなんてこともあり得るので、そこは大きな注意が必要です。

 

仮想通貨の有名な銘柄をご紹介

 

ビットコイン

 

これは、言わずと知れた仮想通貨の代表格ですよね。

 

ビットコインは決済を用途として生まれた仮想通貨で単位はBTCで表します。

 

このビットコインの誕生したことによって、銀行などの金融機関を媒介せずとも、

個人単位で通貨のやり取りが可能になりました。

 

つまり、世界のどこにいたとしても、

あるいは誰とでもやり取りすることができるようになったのです。

 

そのため、仮想通貨=ビットコインというイメージが強く国民の中に浸透したわけです。

しかしながら、もちろん仮想通貨はビットコインだけではありません。

 

イーサリアム

 

イーサリアムはビットコインについで時価総額のある有名銘柄です。

これは、アプリケーションを作成するためのプラットホームを用途として生まれた仮想通貨で単位ETH表します。

 

この「イーサリアム」という名前自体にプラットホームの意味があり、

実際このイーサリアムを使ったアプリケーションも作成されていたりします。

 

イーサリアムの強みとしては、

取引データでほとんどが埋めつくされてしまうビットコインとは違って、

特定のデータをブロックチェーン上に書き込むことができるようになっていることです。

 

つまり、ブロックチェーンにさまざまなデータを書きこむことができることによって、

プラットホームとしての機能を担っているわけです。

 

リップル

 

こちらもビットコインやイーサリアムについで知名度のある仮想通貨です。

リップルは、海外送金を安く行うことを目的として生まれた仮想通貨でXBPという単位で表します。

 

ちなみに、リップルはリップルという企業が取引の方法や様態を決定する仮想通貨であるため、

ビットコインとは違い、中央管理者が存在しています。

 

他の金融機関と連携することで海外送金よりも早く、

そして安く行うことを可能にしているのです。

 

以上、代表的な仮想通貨を3つほどご紹介しました。

 

しかしながら、この他にも何百もの仮想通貨が存在しているので、

その中から自分のお気に入りの仮想通貨を見つけ出すのも面白いかと思います。