unista〜大学生のための情報メディア〜 日々の学生生活を充実させる為の情報を発信中!!

ハンガリーの医学部がまさにおすすめな大学の理由

始めに

 

医学の道を目指している学生諸君。「ハンガリー」という国を知っていますか?

 

 

日常生活ではあまり馴染みがない国かもしれませんが、

 

実はこの「ハンガリー」

医学部を目指している学生にとっては要チェックしておきたい国なのです!

 

もちろん、留学という選択肢をあまり考えたことがない人も多いとは思いますが、

日本の大学の医学部ではなく、ハンガリーの大学の医学部に入学することによって

 

意外と知られていない多くのメリットを得ることができるのです。

 

では、一体どんなメリットがあるのか。

 

また、留学中における生活の仕方や、ハンガリー特有の文化、

さらには治安に至るまで、幅広く解説していきます。

 

医学部志向の学生達、要チェックですよ!

 

ハンガリーの大学にするメリット

①学費が安い

ハンガリーの大学の学費は、国立で年間約180万円ほどです。

6年間に換算すると約1100万円

 

これは、日本の私立大学の医学部が、

年間450万~600万(6年間で2500~3600万円)だと言われているので、

 

比較すると、その差はなんと!

ハンガリーの国立の方が半額以上も安い金額なのです。

 

1年間のスパンで見ても、200万円以上も安くなるのは非常に大きいと思います。

 

50代の平均年収が約500万円だと言われている中で、

年間200万円以上も学費が安くなったとしたら、親からしてもかなり負担が軽くなりますよね。

 

また、条件付きとはいえ、

ハンガリー政府からの給付奨学金を受けることができれば、
全額学費免除することもできます。

 

※日本の国立大学の医学部でいえば、年間約53万とさらに安くはなりますが、

その分、倍率も上がるので合格するのも困難になります。

②難易度が低い(日本の国立と比較した場合)

ハンガリーの大学に入学するためには、

予備コースか本コースのどちらかを受ける必要があります。

 

予備コースの試験は、日本語で受けることができ、
科目も英語と理科の2科目のみです。

 

また、予備コースは半年~1年間、語学と理科の知識を学んだあとに
そのまま入学することもできます。

 

本コースの場合は、英語、数学、理科などの試験を合格する必要があります。

 

これらは、日本の国立大学の厳しすぎる入学試験と比べると、
かなり難易度は低くなります。

 

 

大学卒業後の医師国家試験の合格率も良し

例年、ハンガリーの大学を卒業した生徒の日本における

医師国家試験の合格率は70~80%と言われています。

 

これは、日本の大学を卒業した生徒の同試験の合格率90%と比べると、
低い数字ではありますが、

 

日本とハンガリーという国を隔ているがゆえに、
日本の情報が入ってきずらいことを考慮すれば、

十分に結果が出ている水準なのではないかと思います。

 

留学の経験を得ることができる

海外留学をすることによって、普通に国内の大学に進学する学生とは、
全く違った貴重な経験をすることができます。

 

他国に留学するということは、

今まで日本では経験したことのないような
新しい文化の中で暮らすということになります。

 

それによって、

今までに日本では得られなかったような斬新な考え方や視点、

西洋ならではのコミュニケーションなどを身につけることができます。

 

それらは、今後の人生の中でも、必ず役に立ち、

何かしらの分野で活かされていくことでしょう。

 

そんな貴重な経験ができるのが留学なのです。

 

物価がめちゃくちゃ安い

 

ハンガリーの物価は、だいたい日本の1.5倍~2倍は安いです。

 

例えば、市街地の安価な地域では、

 

パンが1個7円、コーヒーが1杯40円という驚異的な
安さで売られていたりもするみたいです。

 

パンが1個7円なんて、日本では考えられないですよね。
お金が減らなすぎて心配になるレベルです…

 

それはさておき、ハンガリーに住むことで、

日本で暮らしているよりも、食費が圧倒的に安くすみます。

 

1人暮らしの学生からしたら、
これは割と大きなメリットではなりでしょうか。

 

デメリット

 

①英語を勉強する必要がある

ハンガリーの大学では、入学の試験の他にも、
授業などが英語で行われるため、

 

専攻とする医学の勉強の他にも、英語の勉強も熱心にする必要があります。

 

英語が好きであったり、得意な学生からしたら、
あまり気にする必要はありませんが、

 

特に英語が苦手な人は覚悟はしておいた方がよいでしょう。

②大学に入ってから卒業するまでが大変

ハンガリーの大学では、入学試験自体は比較的簡単ではあるものの、

入学してから卒業するまでの間が日本よりも大変です。

 

例えば、大学内の試験などがとても難しく

大学在学中でも熱心に勉強に向き合わなければなりません。

 

しかし、それは裏を返せば、

医師になるために必要な勉強をする習慣が身につきやすい

というメリットでもあるのです。

 

ハンガリーでの生活の仕方

 

留学中の生活としては、やはり医学生ということなので、

大学での勉強と家での勉強が生活の大半を占めることになるでしょう。

 

ただ、部活ほど本格的ではないですが、

大学にはクラブといったものがあり、運動や趣味などを楽しむこともできます

 

息抜きにこういったクラブ活動に参加してみたり、
友達とお酒を飲みにいったり、パーティを開いたりするのも楽しいかと思います。

また、インターネットをしながら、日本のテレビ番組やyoutubeを見て

毎日を過ごしている学生もいるみたいです。

 

ハンガリーの面白い文化

まずは、文化の象徴でもある、ハンガリー料理についてです。

ハンガリー料理は、パプリカをたくさん使うことで有名です。

 

また、パプリカのみを乾燥させて、
それを香辛料として使用することも多いみたいです。

 

主食は主にパンで、

「ケニエル」といった名前の大きなパンが有名です。

そして、クリスマスには「ハラ―スレー」という

パプリカのスープを飲む習慣があります。

 

また、日本とは違い、

ハンガリーではビールで乾杯はしません。

 

これは、過去のオーストラリアとの戦争時に、

敵の兵がハンガリー兵士を倒すたびに、ビールで乾杯をしていたため、

縁起が悪いとされているからだと言われています。

 

しかし、ワインなどでは何度も乾杯をするようです。

 

日本では、ワインで乾杯をする光景はあまり見かけないので、

何か特別感のある気分を味わえることでしょう。

 

 

また、ボールペンは一般的には青色を使用し、

日本で当たり前の黒色は特定の場合にしか使用しません。

 

他にも、

ハンガリーではクラシック音楽を聞く文化が根付いていて、

お金がないような学生にも、豊富な音楽体験を重ねてほしいという

国の方針があるようです。

 

そのため、オペラが150円という驚異的な安さで鑑賞できたり、

リスト音楽院生は大学でのコンサートを無料で見に行くことができます。

 

オペラを150円で見られるなんて、日本では考えられませんよね。

 

クラシック音楽が好きな人からしたら、
願ってもない待遇かもしれませんね。

ハンガリーの治安

 

ハンガリーはヨーロッパ諸国の中では、治安は非常に良い方です。

殺人や誘拐などの事件も、日本の方が多いほどです。

 

また、日本と同じく銃の所持も禁止されているので、

アメリカのように、そこらじゅうで銃の発砲音が聞こえるなんてことはまずありません。

 

ただ、窃盗に関しては頻繁に起こるみたいなので、そこは注意が必要です。

 

その頻度は、ハンガリー内での全犯罪数を100%とした場合、

殺人・障害はわずか約3.6%なのに対して、窃盗は52%という非常に高い数字です。

 

 

ですので、気を付けている分には問題ないですが、

貴重品などは極力、自分の身につけておくのがよいでしょう。

 

とはいえ、どこかに置き忘れたり、なくしたりしなければ大丈夫です。

ハンガリーに留学した学生の声

 

・日本の文化が好きな人も多く、最高の友達ができた!街は綺麗で、治安も良く、とても暮らしやすかった。ただし日本人は少なめ。
4.0
・勉強に集中しやすい環境で、周りの人も意識が高いので、真面目に学習することができた。 3.5
・ハンガリーの食べ物はとても美味しく、ハンガリーの国宝とも言われるマンガリッツァ豚は非常に美味しい。 34.5
・ハンガリーの公用語はハンガリー語だが、授業は英語で進められるので、英語の勉強はほぼ毎日しないといけない。 3.5

 

 

終わりに

 

いかかでしたでしょうか?

 

日本人の我々からしたら、「ハンガリー」という国はあまり馴染みがなかったかもしれませんが、

ハンガリーに留学をすることで、これほど多くの恩恵を受けられるということがわかってもらえたかと思います。

 

何より、日本での医学部合格は非常に難易度が高く、狭き門です。

 

自分には勉学の才能がないからといって、その狭き門を諦めるのではなく、周りとは違った視点をもって、

自分が手に届くようなクレバーな選択肢を選んでいくことも重要なのではないでしょうか。

 

また、留学を通して、今後の日本での生活では得られないような

貴重な経験をしていくことも、勉学とは別にとても価値があることです。

 

狭い日本だけの視点に囚われずに、

クローバルな視野を持ちながら将来の選択肢も見ていくとよいでしょう。