unista〜大学生のための情報メディア〜 日々の学生生活を充実させる為の情報を発信中!!

【アナウンス研究会ってどんな団体?】喋るだけじゃないマルチな活動に迫る!

はじめに

いろんな大学にアナウンス研究会がありますが、実はその活動は喋るだけじゃないのを知っていますか?

「気になるけど、実際にどんな活動をしているのか分からない、、」

という人のために、今回はアナウンス研究会について詳しく説明していきます。

 

出典先:http://rbc-web.net/activity/

 

筆者も大学時代はアナウンス研究会で活動していたので、

よりリアルな情報をお届けできると思います。

 

3分程度で読めるので、気軽に立ち寄ってみてくださいね。

 

アナウンス研究会とは?

出典先:https://content.swu.ac.jp/nichibun-blog/2015/11/11/ng-8/

 

アナウンス研究会とは名前の通り、

アナウンサーを目指す人や、喋りの上達を目指して入る人が多いサークルです。

 

しかし、冒頭でも申し上げたように、活動はそれだけに留まりません。

 

具体的には動画制作やラジオドラマといった作品づくりや、様々な専門機材を操作することなども

行っており、アナウンスだけではない、幅広い活動をすることができるのです。

 

そのため、いろんな大学生のニーズに応えるサークルであると言えます。

 

放送研究会とは違うの?

 

そこで気になるのが、

「動画制作もしてるんだったら、放送研究会と同じなんじゃないか?」

という疑問です。

 

結論から言うと、厳密に差別化できてない大学が多いのが現状です。

イメージでいうと、喋りと映像どちらに力を入れているか、くらいの違いしかありませんね。

 

実際の活動

ではここから、実際の活動を4つ紹介していきます!

 

①喋りの練習

②ラジオドラマ

③動画制作

④機材操作

 

の順番で説明していきます。

 

活動①喋りの練習

 

例えば学内・学外のイベントに出向いてMCをしたり、

発声練習をしたりと、まさに「アナウンス」の部分がこれです。

 

アナウンス研究会から本物のアナウンサーになることもありますし、

しっかり練習すれば大きな財産になります。

 

活動②ラジオドラマ

 

 

これも声を使った表現方法です。

内容は、だいたい4〜5人くらいで、声だけで演技をして物語を作ったりしまう。

 

まだテレビがなかった時代は、ラジオでドラマを聴くのが当たり前でしたよね。

つまり、声だけで表現する分、技量が問われるのがこの表現訓練なのです。

 

活動③動画制作

 

そしてこれは意外に思われる人が多いですが、

短い映画やドラマ作りといった、映像制作の活動もあります。

 

冒頭にも述べましたが、放送研究会と同じようなイメージです。

 

ここでは、撮影はもちろん編集スキルも身につけられるので、

社会に出てからも役立つ技術を得られるのは大きいです。

 

活動④機材操作

 

アナウンス研究会は、人前に出て演技するだけが活動ではありません。

 

ミキサーと呼ばれる音の調節装置をいじったり、カメラで動画を撮ったりと、

裏方が活躍することが求められるサークルでもあるのです。

 

そのため、あまり人前で目立ちたくないという人にもおすすめできますし、

地道な努力が成果にあらわれる活動ともいえますね。

 

アナウンス研究会でスキルを高めよう

いかがでしたか?

アナウンス研究会は、いろんな活動ができるのが最大の魅力なんです。

 

また、そこで得たスキルは、社会に出た後も活かされるものが多いと言えます。

大学でサークル選びに迷うあなた、ぜひアナウンス研究会でスキルを高めていきましょう。